Kowa Ophthalmic Medical Equipments

  • 文字サイズ
  • A
  • A
HOME
  • イベント情報
    • 展示会スケジュール
    • 過去のセミナー
保守サービス
営業・サービス拠点
お問い合わせ
  • Language
    • Japanese
    • English

製品情報

  • 緑内障手術器具
  • 緑内障手術器具
  • 緑内障手術器具 TRABECTOME

TRABECTOME

TRABECTOME

TRABECTOME

TRABECTOME

  • 角膜切開からのアプローチなので低侵襲手術が可能
  • 電気メスとI/A*チップが合体した新発想のハンドピースを採用
  • 結膜・強膜が温存できるので再手術を妨げません

* 灌流/吸引

組織切片画像

  • 画像
  • トラベクトームでの術前、術後の眼内ドレナージ組織の切片画像

走査電顕(SEM)画像

  • 画像
  • 眼の剖検におけるTM除去のSEM画像

    Photo: Douglas Johnson, MD

トラベクトームのシステム

<ハンドピース>

  • トラベクトームのハンドピースは、灌流・吸引機能とバイポーラ電極(アクティブ電極とリターン電極)を組み込んだ、単回使用のディスポーザブルタイプです。
    灌流・吸引・焼灼は、専用のフットスイッチによりコントロールできます。
  • 画像

画像

<チップデザイン>

先端部は、90°に屈曲したフットプレート構造を採用し、周辺組織を熱による損傷から保護します。

表面は多層膜ポリマーコーティングが施されているため、線維柱帯への挿入が容易で、シュレム管内を滑らかに進めることができます。

アクティブ電極とリターン電極により線維柱帯の切開・除去を行うと同時に、切除組織の灌流・吸引を可能にします。

<灌流・吸引・焼灼>

I/Aコンソールは、スピード調節可能な蠕動ポンプによる吸引機能とピンチバルブによる灌流制御機能を備え、高周波ジェネレーターは、眼科用電気手術器の高周波パルスの発生機能を持ちます。

専用のフットスイッチにより、灌流・吸引・焼灼をコントロールできます。

※閉塞隅角緑内障、新生血管や角膜疾患を持つ患者には使用しないこと。
※本製品は、必要な研修を受けた術者が使用できます。
※正しく安全にお使いいただくために、ご使用の前に必ず「取扱説明書」をよくお読みください。

外国特例承認取得者 :NeoMedix Corporation(米国)
選任製造販売業者 :株式会社 中京メディカル
販売名:トラベクトーム
承認番号:22200BZI00019000  クラス分類:III 高度管理医療機器

製品情報

  • 保守サービス
  • 営業・サービス拠点
  • アプリケーション ダウンロード
  • お問い合わせ
page top