Kowa 興和株式会社

環境への取り組みEnvironmental Measures

  • 環境への取り組み Environmental Measures
  • 環境への取り組み Environmental Measures
  • 環境への取り組み Environmental Measures

興和グループ環境方針

産業社会のめまぐるしい拡大発展と引き換えに、私たちは今地球的規模の環境問題に直面しています。環境のテーマへの取り組みは、人類にとって21世紀における最重要課題の一つと申しても過言ではありません。
私ども興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として国内外に拠点と市場を持ち、環境とはさまざまなかたちで接しながら、活動を展開しています。それゆえに、かけがえのない地球に生きる企業として、地球環境のために何ができるかを常に考え、行動していきたいと願っております。
私たちは、ISO14001に基づいた環境マネジメントシステム(EMS)を構築・運用するため、グループを挙げて環境保全活動に取り組んでおります。

理念

「地球と未来を考える興和グループ」は、環境問題の重要性を認識し、社会の持続可能な発展に寄与するため、事業活動と地球環境保全との調和を図る。

方針

興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として、環境とさまざまなかたちで接しながらグローバルな事業活動を展開している。
当グループは、自らの活動、製品又はサービスのライフサイクルを考慮し、以下の方針に基づいて事業活動を展開し、理念の実現に努める。

1. 環境管理体制(EMS:Environmental Management System)の確立、実施、維持

ISO14001を活用した、EMSを確立し、実施し、維持するとともに、パフォーマンス向上のためにEMSの継続的改善に努める。

2. 環境関連諸法規等の順守

事業活動にあたり、環境に関する法律、規則、その他興和グループの合意した事項を順守する。

3. 汚染の予防と環境保護

  • A 化学物質の適正管理:化学物質の適正管理を徹底し、各種の汚染を防ぐように努める。
  • B 低炭素社会構築への寄与:気候変動防止に繋がる省資源、省エネルギーに努める。
  • C 循環型社会構築への寄与:循環型社会の実現を目指し、廃棄物の発生抑制、リサイクル、資源の有効利用に努める。
  • D 環境保全型事業の推進:環境負荷を低減させる事業および環境に配慮した製品、商品の取扱いを推進する。
  • E 生物多様性保全への配慮:生物多様性の保全が次世代への責任であることを認識し、持続可能性を脅かす行為に加担しないように努める。
contract
2021年4月1日 興和グループEMS最高責任者 野々村 明輝

理念

「地球と未来を考える興和グループ」は、環境問題の重要性を認識し、社会の持続可能な発展に寄与するため、事業活動と地球環境保全との調和を図る。

方針

興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として、環境とさまざまなかたちで接しながらグローバルな事業活動を展開している。富士サイトは、田子の浦と富士山に囲まれた美しい環境の中にあり、医薬品等の製造と研究開発を通じ人々の健康に寄与することを事業の目的としている。
当サイトでは、このすばらしい環境を未来に引き継ぐため、自らの活動、製品又はサービスのライフサイクルを考慮し、以下の方針に基づいて事業活動を展開し、理念の実現に努める。

1. 環境管理体制(EMS:Environmental Management System)の確立、実施、維持

ISO14001を活用した、EMSを確立し、実施し、維持するとともに、パフォーマンス向上のためにEMSの継続的改善に努める。

2. 環境関連諸法規等の順守

事業活動にあたり、環境に関する法律、規則、その他興和グループの合意した事項を順守する。

3. 汚染の予防と環境保護

  • ① 化学物質の適正管理:化学物質の適正管理を徹底し、各種の汚染を防ぐように努める。
  • ② 低炭素社会構築への寄与:気候変動防止に繋がる省資源、省エネルギーに努める。
  • ③ 循環型社会構築への寄与:循環型社会の実現を目指し、廃棄物の発生抑制、リサイクル、資源の有効利用に努める。
  • ④ 環境保全型事業の推進:環境負荷を低減させる事業および環境に配慮した製品、商品の取扱いを推進する。
  • ⑤ 生物多様性保全への配慮:生物多様性の保全が次世代への責任であることを認識し、持続可能性を脅かす行為に加担しないように努める。
2000年1月31日制定 2017年6月29日改定 興和株式会社 富士サイト 富士工場長 横井孝則 富士研究所長 谷澤良夫

理念

興和グループは、地球環境の保全が我々人類にとって何より重要な課題であると考える。そこで、『地球と未来を考える興和グループ』を環境理念に、当グループを構成する各企業の事業活動と地球環境保全との調和を目指し、持続可能な発展の実現に向けてたゆまぬ努力を続ける。

方針

名古屋工場は、名古屋市北部に位置し、住宅に囲まれた閑静な環境の中で、医薬品の製造を通じ人々の健康に寄与することを事業の目的としています。
この落ち着いた環境を未来に引き継ぐため、地球環境の保護を見据えた事業活動と環境保全活動を推進していく具体的な方針を定めます。

1. 全従業員参加による環境マネジメントシステムを構築し、事業活動による環境汚染の予防に努め、継続的改善を行います。

2. 興和グループ行動憲章に基づきコンプライアンスを推進すると同時に、環境に関連する法規制および名古屋工場が同意するその他の要求事項を順守し、コミュニケーションを通じて地域社会との共生を図ります。

3. 環境保護を目的として、以下の項目について取り組み、持続可能な社会に寄与し、社会的責任を果たしてまいります。

  • ・水、化石燃料などの天然資源の使用量の削減および使用効率の改善に努める。
  • ・リサイクル品等持続可能な供給源からの物品の購入を通じ、生物多様性や生態系の保護に努める。
  • ・気候変動の負荷軽減のため、温室効果ガスの管理の強化および低負荷ガスの導入を推進する。

環境方針は、『環境方針カード』の配布あるいは社内掲示を行い、全従業員および名古屋工場の利害関係者に周知を図ります。環境方針は、要求に応じて一般の方にも開示します。

2002年2月25日制定 2017年5月29日改定 興和株式会社 名古屋サイト 名古屋工場 工場長 篠原清

理念

興和株式会社、東京創薬研究所では、地球環境の保全と人類の健康が何より重要な課題と考えています。 そこで、「地球と未来を考える興和グループ」の環境理念を掲げる一員として、地球環境の保全と人々の健康に寄与する医薬品創製との調和を目指し、持続可能な発展に向けてたゆまぬ努力を続けます。

方針

東京創薬研究所は、東京の中でも武蔵野の自然環境を残す数少ない地域にあり、医薬品の研究開発、創薬及び医療機器の製品開発を目的に事業を行っています。 当事業所では素晴らしい環境を未来に引き継ぐため、地球環境にやさしい研究開発、創薬を推進していく具体的な方針を定めます。

1. 全従業員参加による環境マネージメントシステムを構築し、事業活動による環境汚染の予防と改善に努めます。

2. 環境に関連する法規制及び当事業所が順守すべきその他の要求事項を遵守します。

3. 環境汚染発生の予防と持続可能な資源の利用、地球温暖化への対応、生物多様性及び生態系の保護に取り組み、環境保護を実現します。

4. 環境方針達成のため、以下の項目を含んだ環境目的・目標を設定し実施する事により、環境パフォーマンスの継続的改善を推進します。又、これらの環境目的・目標は、定期的な見直しを行い必要に応じて改定します。

  • ・環境汚染を防ぎ、生物多様性及び生態系保護に取り組むため、化学物質及び動植物等生物の適正な管理に努める。
  • ・ライフサイクルの視点を考慮し省エネルギー、廃棄物の削減と再資源化を推進する。
  • ・医療用医薬品の創薬と育成のために、業務効率を図り、効率的な創薬を推進する。
  • ・医療機器及びヘルス機器への応用技術をもとに、業務効率を図り、効率的な製品研究を推進する。

5. 環境美化のため緑化活動に努力し、地球の環境保全活動にも取り組み、地域社会との共生を図ります。

2001年6月11日制定 2017年4月1改訂興和株式会社 東京創薬研究所サイト 東京創薬研究所 所長 山嵜 行由

理念

「地球と未来を考える興和グループ」は、環境問題の重要性を認識し、社会の持続可能な発展に寄与するため、事業活動と地球環境保全の調和を図る。

方針

興和グループは、メーカー機能から商社機能まで併せ持つ複合企業体として、環境とさまざまなかたちで接しながらグローバルな事業活動を展開している。
真岡工場は、真岡市西部の郊外に位置する第1工場団地にあり、緑の多い環境の中で、医薬品の製造を通じ人々の健康に寄与することを事業の目的としている。
当工場では、このすばらしい環境を未来に引き継ぐため、自らの活動、製品又はサービスのライフサイクルを考慮し、以下の方 針に基づいて事業活動を展開し、理念の実現に努める。

1. 環境管理体制(EMS:Environmental Management System)の確立、実施、維持

ISO14001を活用した、EMSを確立し、実施し、維持するとともに、パフォーマンス向上のためにEMSの継続的改善に努める。

2. 環境関連諸法規等の順守

事業活動にあたり、環境に関する法律、規制、その他真岡工場の合意した事項を順守する。

3. 汚染の予防と環境保護

  • ① 化学物質の適正管理:化学物質の適正管理を徹底し、各種の汚染を防ぐように努める。
  • ② 低炭素社会構築への寄与:気候変動防止に繋がる省資源、省エネルギーに努める。
  • ③ 循環型社会構築への寄与:循環型社会の実現を目指し、廃棄物の発生抑制、リサイクル、資源の有効利用に努める。
  • ④ 環境保全型事業の推進:環境負荷を低減させる事業および環境に配慮した製品、商品の取扱いを推進する。
  • ⑤ 生物多様性保全への配慮:生物多様性の保全が次世代への責任であることを認識し、持続可能性を脅かす行為に加担しないように努める。
2002年6月27日制定 2017年11月1日改訂 興和株式会社 真岡サイト 真岡工場 工場長 西島 一雅

環境理念

名古屋観光ホテルは、国内はもとより世界各国から来館されるお客様に“くつろぎとやすらぎ”の時空間を提供し、信頼と評価をいただいています。しかし一方、ホテル事業を継続することにより、廃棄物の排出・エネルギーの消費というかたちで環境に負荷を与えることは避けられません。当社は、お客様への最上のサービス提供に努めることによって、お客様に満足を与えるとともに、企業活動のあらゆる面で環境保全に配慮して行動し、事業活動の永続と地球環境の保全・浄化、双方の共存を目指します。

行動方針

名古屋観光ホテルは、ホテルの事業活動、商品又はサービスを提供するうえで、以下の方針に基づいて環境マネジメントシステムの継続的改善及び環境汚染の予防を推進します。

1. 環境関連諸法規の順守

事業活動にあたり、環境に関する法的規制及び当ホテルが同意したその他の要求事項を順守します。

2. 環境負荷低減の追求

業務の効率化、無駄の排除を推進する中で、次の重点目標に取組みます。

  • (1) 省資源・省エネルギーの促進
  • (2) 生ゴミを含む廃棄物の削減とリサイクルの促進及び食品リサイクルループの構築
  • (3) グリーン購入の推進

3. 改善へのたゆまぬ取組み

環境方針に基づいた環境目標を定め、その実現を図り、定期的に見直すことにより、環境パフォーマンスの向上を目指します。またそのために、環境マネジメントシステムの継続的改善を推進します。

4. 環境方針の周知と公開

社長をはじめ全ての役員及びサイト内の従業員に対してこの環境方針を周知・徹底し、全員が理解、行動できるよう資源・力量・認識にわたって組織的に支援していきます。また、この環境方針は、一般の人も入手可能なものとします。

2019年6月14日 株式会社 名古屋観光ホテル 代表取締役社長 山下孝治