Kowa 興和株式会社

社長メッセージMessage from the President & CEO

「健康と環境」を軸とする多彩な事業活動で新たな価値を創造します

興和グループは、令和元年(2019年)12月25日に創業125周年を迎えました。その後の新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、世界中のあらゆる行動様式が一変する事態となったことは皆様もご承知のとおりです。社会・経済面やビジネス環境などは劇的な変化を遂げている過渡期にあるものの、私は5年後・10年後を見据えた産業構造の変革が少し早まっただけのものと認識しております。興和グループは常に時代の変化をとらえチャレンジする進取の精神と、堅実なモノづくりの精神を両輪として、「健康と環境」をテーマに様々な事業活動を展開し、これまでの常識にとらわれない新たな価値創造に努めています。
創業以来の繊維事業はもちろん、幅広い商材の輸出入や三国間貿易、医薬品・食品や光学製品の研究開発から製造販売、さらには商業施設等における生活者の皆様との接点となる店舗展開に至るまで、興和の活動領域は多岐にわたります。その活動は日本に留まることなく、欧米・アジアの拠点を中心に、世界中へ広がり続けています。
各事業分野では、ライフスタイルの変化をとらえ、人々が健康を楽しんで暮らしていくことをテーマにした商品開発や、省エネ技術の追求、そしてまた地球環境にやさしい製品作りを力強く推進しているところです。 興和グループが推進する事業においては、人々が健康を楽しんで豊かな生活をおくることをテーマにした製品開発や、地球環境に配慮した製品を追求するとともに、Society5.0という新たな社会の実現を見据えたAIやIoTに対応したものづくりにも積極的に取り組んでいます。製品の企画から製造、販売までのサプライチェーンを一から確立し、柔軟な発想で業種間をまたいだ事業を展開しています。国民の幸福と健康を念頭に、各事業部に横串を刺した、事業の枠にとらわれないビジネスモデルを構築してまいります。
一方で、世界的な人口増加や経済規模の拡大が進展する中、環境問題、労働・人権問題、格差の拡大などグローバルな課題が深刻化しています。国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて、興和グループにおいても事業活動を通じて、伸びやかで豊かな社会の創造と、将来世代に継承する持続可能な社会の実現に貢献してまいります。 興和グループの活動に、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年1月
名前名前