Kowa Ophthalmic Medical Equipments

  • 文字サイズ
  • A
  • A
HOME
  • イベント情報
    • 展示会スケジュール
    • 過去のセミナー
保守サービス
営業・サービス拠点
お問い合わせ
  • Language
    • Japanese
    • English

保守サービス

保守サービスのご案内

なぜ保守点検が必要なのでしょうか?

医療機関は、被検者・患者様に安全と安心を備えた医療を提供するために、使用する医療機器を適正に維持管理する必要があります。そのために定期的な医療機器の保守点検は必要不可欠な作業です。医療機器の保守点検を適正に行うことは、不具合を未然に防ぎ、その性能を維持し、安全性を確保することにつながります。

法律では?

医療法の中では保守点検について、医療機関が実施主体となって行うこととして定めています。その医療機器の保守点検、修理の定義については下記のとおりです。

  • 保守点検とは、清掃、校正(キャリブレーション)、消耗品の交換等をいうものであり、故障等の有無にかかわらず、解体の上点検し、必要に応じて劣化部品の交換等を行うオーバーホールを含まないものであること。(平成17年12月22日:医政発第1222001号『医療法施行規則の一部を改正する省令の施行について』より)
  • 修理とは、故障、破損、劣化等の箇所を本来の状態・機能に復帰させること(当該箇所の交換を含む)や、故障等の有無を問わず解体の上点検し、必要に応じて劣化部品の交換等を行うオーバーホールを含むもの。(平成17年3月31日:薬食機発第0331004号『薬事法及び採血及び供血あっせん業取締法の一部を改正する法律等の施行に伴う医療機器修理業に係る運用等について』より)
     また、保守点検は医療機関内において行う場合に限り、医療機器修理業者に委託することができる(平成17年12月22日:医政発第1222001号『医療法施行規則の一部を改正する省令の施行等について』別添健政発第98号より)とされています。
     一方、平成17年4月1日施行の薬事法において、医療機器は人体に与えるリスクに対応した安全対策を講じるため、国際分類等を踏まえ、「一般医療機器:機能障害を生じた場合、人体の生命・健康に対するリスクが極めて低いと考えられるクラスI」「管理医療機器:機能障害を生じた場合、人体の生命・健康に対するリスクが比較的低いと考えられるクラスII」「高度管理医療機器:機能障害を生じた場合、人体の生命・健康に対するリスクが比較的高い或いは極めて高いと考えられるクラスIII・IV」の3つの類型に分類されました。さらにこの分類に関わりなく、疾病の診断、治療又は予防に重大な影響を与えるおそれがある機器に対して、保守点検、修理その他の管理を専門的に行わなければならない『特定保守管理医療機器』が定められました(薬事法第二条第8項)。

安全と安心をご提供するコーワの品質と技術!

コーワではお客様に安全と安心をご提供できるよう、機器の保守点検、修理を行うために全国主要都市に拠点を置き、専門の技術講習を受けたスタッフにより質の高い技術でサービスをご提供します。さらに、日々の営業活動の中で医療機関からの簡単な点検等のご要望にお応えするため、すべての拠点において薬事法で定められた修理業の許可を取得し、修理業責任技術者を配置しています。保守・修理担当者は社内保守・修理講習、トレーニングを受講し、質の高い保守点検、修理業務が実施できるように技術力の向上を図っています。

※点検のために医療機器を解体するには医療機器修理業許可の取得が必要です。

コーワの保守サービス

コーワでは医療機関で必要とされる医療機器の定期保守点検作業を受託するとともに、医療機器に修理が必要な場合に、代替機のご提供など、迅速に対応できるように5タイプの保守サービスをご用意しました。

保守タイプ 保守サービス内容
おまかせタイプ 機器が故障した場合、技術員を派遣して修理および部品交換等の保守サービスを行います。
年2回の定期保守点検を行います。ただし、点検は前述の故障修理時に併せて実施することがあります。なお、引取修理の場合は代替機を無償で提供します。
安心タイプ 機器が故障した場合、技術員を派遣して修理および部品交換等の保守サービスを行います。
交換部品代は別途請求します。年2回の定期保守点検を行います。ただし、点検は前述の故障修理時に併せて実施することがあります。なお、引取修理の場合は代替機を無償で提供します。
ベーシックタイプ 年1回の定期保守点検を行います。機器が故障した場合の修理、部品交換等の保守サービスは別途当社規定の料金を請求します。なお、引取修理の場合は、代替機を有償で提供します。
ネットワーク
システムタイプ
定期保守点検は、主に公衆通信回線を通じたリモート保守を行います。
機器(サーバーを含む)が故障した場合の修理、部品交換等のサービスは、別途当社規定の料金を請求します。なお、引取修理の場合は、代替機を有償で提供します。
サーバータイプ サーバーのみを対象とした保守サービスを行います。なお、引取修理の場合は、代替機を有償で提供します。

これらの保守サービスは機器ご購入時にご契約をお勧めします(機器の新規ご購入時には保証対象の無償修理期間は1年間とさせていただきますが、定期保守点検は含まれていません)。

保守サービス契約の概要

お客様との保守サービス契約は、お客様と当社関連会社の興和テクニカルサービス株式会社との間で結びます。なお、保守サービスは定期保守点検と修理を行います。最寄のサービス拠点にご連絡ください。 故障内容により、現地修理、または引取修理を行います。なお修理期間中の代替品は、前述の5タイプの保守サービスに対応して有償または無償で提供します。

※電子カルテの保守サービスは、別メニューになっています。

詳細につきましては最寄のサービス拠点にご連絡ください。

  • 保守サービス
  • 営業・サービス拠点
  • アプリケーション ダウンロード
  • お問い合わせ
page top